施工事例

茅ヶ崎市H様邸 外壁塗装工事

  • 2018年08月13日
  • 塗装
住まいの種類
屋根:ガルバリウム銅板
外壁:ジョリパット
施工内容
外壁:関西ペイント アレスシルクウォール
バルコニーウッドデッキ:大阪ガスケミカル キシラデコール
付帯部:関西ペイント コスモマイルドシリコンⅡ
備考欄
この度は弊社に工事をお任せいただき、誠にありがとうございます。
ジョリパットの外壁ですが、「ジョリパットの意匠性は残しつつ、汚れにくい外壁にもしたい。」との要望に応えるために、関西ペイント製品のアレスシルクウォールにて施工致しました。
アレスシルクウォールは「艶消し仕上げ」尚且つ「汚れにくさ」を併せ持つ特徴があります。
2年に一度、メンテナンスをしていると言うバルコニーウッドデッキも一緒に施工させていただきました。
イメージ通りの仕上がりにも、ご満足頂けた事大変嬉しく思います。
今後も何かございましたらお気軽にお申し付けください。
ありがとうございました。

施工状況

塗料と材料の記録

今回使用する塗料と材料を記録します。

屋根 洗浄後

屋根は塗らない為、表面を傷めないよう高圧ではなく流す程度で洗いました。

外壁 高圧洗浄

ほこりやコケを高圧洗浄で丁寧に洗い流します。

釘頭シーリング処理前

板金の中の貫板の収縮により釘が浮いてきます。

釘頭シーリング処理完了

雨水の侵入と釘が浮きあがることを防ぐことができます。

外壁 下塗り一回目

ジョリパット壁は砂壁の為、下塗りを1工程増やし、下地調整材を塗装します。

外壁 下塗り二回目

下塗り塗料をたっぷり使い、一度白く塗装します。

外壁 中塗り

塗り残し、塗り忘れが無いようしかっりと色を付けていきます。

外壁 上塗り

仕上げの塗料を2回塗ることで艶と色のムラも無くなり、綺麗に仕上がります。

ウッドデッキ施工前

ウッドデッキ 塗装

下地処理後、オイルステイン塗料を染み込ませるように塗っていきます。

ウッドデッキ 塗装

刷毛で塗れない所は特殊工具を使い塗ります。

ウッドデッキ 塗装完了

綺麗に仕上がり、大変喜んで頂きました。

シャッターボックス 下塗り

下地処理後、下塗りを行います。錆止め効果と密着性を上げます。

シャッターボックス 中塗り

塗り残し、塗り忘れが無いようしかっりと色を付けていきます。

シャッターボックス 上塗り

仕上げの塗料を2回塗ることで艶と色のムラも無くなり、綺麗に仕上がります。

勝手口照明 下塗り

下地処理後、下塗りを行います。錆止め効果と密着性を上げます。

勝手口照明 中塗り

塗り残し、塗り忘れが無いようしかっりと色を付けていきます。

勝手口照明 上塗り

仕上げの塗料を2回塗ることで艶と色のムラも無くなり、綺麗に仕上がります。

水切り 下塗り

下地処理後、下塗りを行います。錆止め効果と密着性を上げます。

水切り 中塗り

塗り残し、塗り忘れが無いようしかっりと色を付けていきます。

水切り 上塗り

仕上げの塗料を2回塗ることで艶と色のムラも無くなり、綺麗に仕上がります。

FRP防水 下塗り

下地処理後(脱脂)、プライマーを塗布します。

FRP防水 中塗り

塗り残し、塗り忘れが無いようしかっりと色を付けていきます。

FRP防水 上塗り

仕上げにトップコートを2回塗装します。

外壁・破風・横樋 仕上がり

外壁 仕上がり

ページトップへ戻る