現場調査・点検ブログ

人気の窯業系サイディングの劣化症状|横浜市旭区

横浜市旭区にお住まいのお客様より外壁の点検をお願いしたいとのご相談がありました。
お話を伺うと、シーリング部分が無くなり青いテープが見られたので不安になったそうです。
シーリングはそのまま補修せずに放置してしまうと、外壁からの雨漏りにも繋がってしまうので注意が必要です。
早速、ご相談を下さった横浜市旭区にお住まいのお客様のお家を点検してまいりました。

 

 

 

お客様がお住まいの外壁材は、窯業系サイディングでした。
窯業系サイディングは、タイルやレンガ調など、様々なデザインがあり現在最も人気のある外壁材です。
窯業系サイディングのメンテナンス方法は、劣化症状によって異なってきます。
 
早速、お住いの外壁の劣化症状を確認していきます。
確認できた劣化症状は、目立った色あせは無いですが、シーリングの破断が主に確認できました。
ちなみに、シーリングとは、サイディングボードの繋ぎ目に使われている、ゴムのようなものです。
このシーリングは、サイディングボードとボードの隙間から雨水が入ってこないように防止する役割を持っていま
す。
外壁同様、紫外線や雨などの影響で次第に劣化してく為、打ち替えや打ち増し工事が必要になります。
シーリングの劣化放置も外壁からの雨漏りに繋がりますので注意しましょう。
 
 
 
 
 
 
ちなみに、窯業系サイディングの劣化症状には、チョーキングやボードの反りや欠け、傷みなどが主にあります。
ボードの反りや欠けは、外壁の貼り替えやカバー工事が必要になることもあります。
今回ご相談を下さったお客様のお住いには、反りや欠けなどは見られませんでした。
ですが、シーリングが劣化が酷かったので、そろそろ外壁の塗装を考えておいた方が良いですよとお客様にお勧めいたしました。
 
横浜外壁塗装スタジオでは、外壁や屋根の点検、塗料や色についてのご相談、工事のお見積りを無料で行っております。
お住まいの外壁・屋根が心配な方はお気軽にご相談ください。
ページトップへ戻る