施工事例

横浜市青葉区 N様邸 屋根・外壁塗装工事

  • 2021年11月04日
住まいの種類
■外壁:モルタル ジョリパッド

■屋根:スレート
施工内容
■外壁:水谷ペイント ナノコンポジットN

■屋根:関西ペイント アレスクール2液F
備考欄
この度は塗装工事をご依頼頂き誠にありがとうございました。

塗装の仕様は屋根には、関西ペイント ヤネ強化プライマーEPOにて1回目の下塗り後
関西ペイント アレスクールシーラーにて2回目の下塗りを施し、
関西ペイント 弱溶剤2遮熱型フッ素塗料のアレスクール2液Fにて中塗り、上塗りと4工程にて塗装致しました。

外壁には水谷ペイント ナノコンポジットフィラーNにて一度目の塗装を施し、
水谷ペイント フッ素樹脂塗料のナノコンポジットFにて中塗り、上塗りと塗装致しました。

お客様には仕上がり、色合いも大変気に入って頂けました。

今後とも宜しくお願い致します。

担当職人 井上
担当営業 徳永

施工状況

使用材料  

使用する材料は全て撮影し、記録します。

屋根塗装 - 高圧洗浄

屋根や外壁についたコケや汚れをきれいに落とします。

屋根塗装 - 板金部ケレン

棟板金や雪止など、金属分をケレンし汚れやサビ、古い塗膜を落とします。

屋根塗装 - 板金部サビ止め

ケレンをした板金部にサビ止めを塗布します。■関西ペイント - ダイナミックプライマー

屋根塗装 - 釘抜け防止シーリング

緩んだ釘が抜けないように、シールを充填します。

屋根塗装 - 下塗り1回目 

下地を補修し上塗剤との密着性を上げるため下塗材を塗布します。■ヤネ強化プライマーEPO

屋根塗装 - タスペーサー挿入

スレート同士がくっつき雨漏れなどをおこさないよう、タスペーサーを入れスレート間に隙間を作ります

屋根塗装 - 下塗り2回目 

下塗りは2回施し、下地塗膜をしっかりつくります。■関西ペイント - アレスクールシーラー

屋根塗装 - 中塗り

上塗り剤を塗布し、色を付けていきます。 ■関西ペイント - アレスクール2液F

屋根塗装 - 上塗り 

同じ塗料を重ねて塗布し、耐久性を高め色も美しく仕上げます。

屋根塗装 - 施工完了 

屋根塗装は4工程です。丁寧な施工で新築のように美しく仕上がりました! 

外壁塗装 - 下塗り 

下地を補修し上塗り剤との密着性を上げるため下塗り材を塗布します。■ナノコンポジットフィラーN

外壁塗装 - 中塗り

上塗り剤を塗布します。

外壁塗装 - 上塗り 

同じ塗料を重ねて塗布し、耐久性を高め色も美しく仕上げます。

付帯部塗装 - 軒天 上塗り1回目

湿気がこもりやすい軒天は防カビ・防藻性の塗料を使用します。■関西ペイント-セラマイルド 

付帯部塗装 - 軒天 上塗り2回目

同じ塗料を重ねて塗布し、耐久性を高めます。 

付帯部塗装 - 雨樋 ケレン

付着した汚れや古い塗膜をおとします。

付帯部塗装 - 雨樋 上塗り1回目 

雨樋は2回塗となるので、1層目から上塗り剤を塗布します。 ■ダイナミックTOPマイルド 

付帯部塗装 - 雨樋 上塗り2回目 

同じ塗料を2回塗り、耐久性を高めます。 

付帯部塗装 - 破風 ケレン 

付着した汚れや古い塗膜を落とします。 

付帯部塗装 - 破風 下塗り

軒天・雨樋以外の付帯部は基本は3回塗です。まずは下塗り材を塗布します。■ダイナミックプライマー

付帯部塗装 - 破風 上塗り1回目

上塗り剤を塗布します。■関西ペイント - ダイナミックTOPマイルド 

付帯部塗装 - 破風 上塗り2回目

同じ塗料を重ねて塗布し、耐久性を高めます。

付帯部塗装 - 鉄部 シャッターボックス ケレン

付着した汚れや古い塗膜、サビを落とします。 

付帯部塗装 - 鉄部 シャッターボックス サビ止め

サビ止めを塗布します。■関西ペイント - ダイナミックプライマー 

付帯部塗装 - 鉄部 シャッターボックス 上塗り1回目

上塗り剤を塗布します。■関西ペイント - ダイナミックTOPマイルド 

付帯部塗装 - 鉄部 シャッターボックス 上塗り2回目

同じ塗料を重ねて塗布し、耐久性を高めます。 

付帯部塗装 - 木部 ウッドデッキ ケレン

付着した汚れや古い塗膜をを落とします。

付帯部塗装 - 木部 ウッドデッキ 下塗り

木部の塗料は鉄部と同じ仕様です。■関西ペイント - ダイナミックプライマー

付帯部塗装 - 木部 ウッドデッキ 中塗り

上塗り剤を塗布し色を付けていきます。 ■関西ペイント ダイナミックTOPマイルド

付帯部塗装 - 木部 ウッドデッキ 上塗り

同じ塗料を重ねることで、耐久性を向上させ発色を美しくします。 

ページトップへ戻る