現場調査・点検ブログ

マンションメンテナンス

 

皆さまいかがお過ごしでしょうか?
コロナには負けませんが、花粉に押され気味のHAMA塗装の中井です。

 

今回は屋上工事の為、
落下防止足場の施工事例をアップしたいと思います!

 

 

 

施工前の状況です!
外部に足場を組んでいないので端っこの方を歩くと足がすくみます(汗)

 

 

 

 

まずは、笠木部分に挟み込む形で支柱を建てていきます。

 

 

 

単管パイプを使用して、手摺りと中桟をしっかり固定して完了です!

 

外部から全体に足場を組むよりも断然費用が掛からず、安全安心に作業する事ができます!

ビル、マンションの屋上メンテナンスをお考えの方は是非是非ご連絡をお待ちしております

詳しくはこちら

屋上点検です

 

皆さん、こんにちは、

HAMA塗装の前多です

 

今回は、先日調査させていただきました

 

 

屋上防水をアップさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面劣化も始まり。ひび割れなどを起こしております。

 

アスファルト防水のは漏水がとても起こりやすいので、

 

シート防水などの施工をお勧めしております。

 

 

また、素人の方には、防水の知識は難しいと思います。

 

DIYなどが流行っておりますが

必ずプロにお任せください

 

御見積書、ご相談。無料で行っております。

 

お気軽にご連絡ください。

 

詳しくはこちら

外壁のメンテナンス

こんにちは、HAMA塗装の川名です!

 

皆さんは外壁のメンテナンスにどの時期が最適だと思いますか?

 

実際、塗装屋の繁忙期は春・秋に集中しますが

 

意外に冬の時期、穴場です。

 

比較的、例年は気候が安定してる時期なのですが

 

昨年末からの天気は雨が多いですね。

 

本来は営業ですが、たまに作業するときもあります。

 

塗装以外のちょっとした直しやメンテナンスのたし程度ですが

 

台風の影響があったにせよ、塗装以前に手を加えないとならない状態のお家も多いです。

 

 

 

そうなるとせっかくの建物も中まで傷めて、建物の耐久性をも縮めてしまいます。

 

 

実際に工事するしないは別としてある程度定期的に

 

メンテナンス、もしくは診断だけでも

 

人の健康診断と同じように

 

診てみるのもいかがでしょうか?

 

 

無料点検もお気軽にお待ちしております。

詳しくはこちら

終わりなき台風被害

皆様、こんにちは!

 

HAMA塗装の川名

 

ようやく台風でのお問い合わせも

 

落ち着いてきましたが、

 

まだまだ対応中です(>_<)

 

 

なかなか被害の大きかったかたがたも

 

順番と入荷お待ち頂いてますが

 

屋号が塗装だからか

 

屋根屋さんよりは多少早く入れると思います

 

 

 

 

 

 

穴場の年末年始辺り、ご予約・お問い合わせ

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちら

wooddeck 特殊部隊 参上!!

皆さん、こんにちは!

HAMA塗装の松山です!

 

先日は、
いつもお世話になっている青葉区鉄町にあります

レストラン プロローグプレジールさんへデッキ塗装の現場調査にお伺いさせて頂きました。

 

 

過去に系列店も数店舗弊社にて塗装工事させて頂いており、

 

この度はテラス席のデッキを入れ替えされたとの事で塗装のご依頼を頂きました。

木材の木目を生かした塗装でも用途などにより塗料は様々ございます。

 

用途に合った適切な材料、施工方法にてご提案させていただきます。

 

11月中に施工致しますので、そちらのブログも更新致します!

 

店舗の塗装工事にお悩みのでしら、お気軽にご連絡ください。

詳しくはこちら

塗装できない屋根材のひとつ「パミール」

皆さんこんにちは、営業の川名です。

 

今回は塗装できない屋根材「パミール」についてお話ししたいと思います。

 

パミールいうスレート、ご存じですか?

 

 

ミルフィーユの様に層間剥離をしていき、塗装が出来ない屋根材の一つです。

 

 

 

これには、アスベストが急に廃止になった時代背景があり、

 

当時はメーカーも製造禁止、ハウスメーカーも使用禁止になったため、やむなく、アスベストを入れないノンアススレートで出荷しました。

 

 準備期間がなく廃止になったためです。

 

(もっとかみ砕くと、アスベストを吸い込んで肺の病になったり、死亡した人の労災認定の判例が確定し、

対象になった裁判からの流れですね)

 

層間剥離をおこして不具合が発生するのはパミールだけで、見分け方もありますが、他のメーカー・商品も割れせんべいの様に数十枚も割れやヒビが多発し、強度不足の症状は出ています。

 

アスベストに代わるつなぎ材が出たのは廃止から8年後。その間の製造期間が暗黒時代です

 

その屋根材が、今、時を経て数年前から剥離してきて、疎い業者さんにも認知されるくらい広がっております。

 

ですが、「パミールだから塗れない」だけの知識で施工した業者とお客様のトラブルも施工後数年してから比例して増えています。

 

・うちの屋根、もしかしたらパミールかな?

・パミールだけどどうすれば?

等、気になりましたら、川名までご相談ください。

 

診断・調査、無料です。

詳しくはこちら

棟板金の飛散|横須賀市

横須賀市で棟板金が強風により飛ばされたというお問い合わせで、現地調査にお伺いました。

お伺いすると、落ちてきた板金を見せて頂き、雨漏りしないか心配されているようです。

早速、梯子を架けて登ってみます。

 

横須賀市にて現地調査

 

幸いにして、防水シート(ルーフィング)が無事なので、雨漏りはしていなかったようですが。

 

横須賀市にて現地調査

 

飛ばされた箇所以外の棟も、芯木が腐食して釘浮きが目立ちます。

今回のケースの場合、火災保険も使えますし、全交換する事になりました。

取り合えず工事までの間、雨漏りしないように養生をしておきます。

 

横須賀市にて現地調査

 

棟板金の交換のご依頼いただきました。

詳しくはこちら

人気の窯業系サイディングの劣化症状|横浜市旭区

横浜市旭区にお住まいのお客様より外壁の点検をお願いしたいとのご相談がありました。
お話を伺うと、シーリング部分が無くなり青いテープが見られたので不安になったそうです。
シーリングはそのまま補修せずに放置してしまうと、外壁からの雨漏りにも繋がってしまうので注意が必要です。
早速、ご相談を下さった横浜市旭区にお住まいのお客様のお家を点検してまいりました。

 

 

 

お客様がお住まいの外壁材は、窯業系サイディングでした。
窯業系サイディングは、タイルやレンガ調など、様々なデザインがあり現在最も人気のある外壁材です。
窯業系サイディングのメンテナンス方法は、劣化症状によって異なってきます。
 
早速、お住いの外壁の劣化症状を確認していきます。
確認できた劣化症状は、目立った色あせは無いですが、シーリングの破断が主に確認できました。
ちなみに、シーリングとは、サイディングボードの繋ぎ目に使われている、ゴムのようなものです。
このシーリングは、サイディングボードとボードの隙間から雨水が入ってこないように防止する役割を持っていま
す。
外壁同様、紫外線や雨などの影響で次第に劣化してく為、打ち替えや打ち増し工事が必要になります。
シーリングの劣化放置も外壁からの雨漏りに繋がりますので注意しましょう。
 
 
 
 
 
 
ちなみに、窯業系サイディングの劣化症状には、チョーキングやボードの反りや欠け、傷みなどが主にあります。
ボードの反りや欠けは、外壁の貼り替えやカバー工事が必要になることもあります。
今回ご相談を下さったお客様のお住いには、反りや欠けなどは見られませんでした。
ですが、シーリングが劣化が酷かったので、そろそろ外壁の塗装を考えておいた方が良いですよとお客様にお勧めいたしました。
 
横浜外壁塗装スタジオでは、外壁や屋根の点検、塗料や色についてのご相談、工事のお見積りを無料で行っております。
お住まいの外壁・屋根が心配な方はお気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

大事な漆喰|鎌倉市

こんにちわ!

 

横浜外壁塗装スタジオの山口です。

 

 

みなさん漆喰と言われたら家のどの部分を思い浮かべますか?

 

屋根材で瓦を使用しているお家の方はご存じかも知れません。

 

もし、瓦屋根のお家にお住みの方でご存じでない方はぜひ知っておいてください!

 

漆喰とは

 

見た目は白が多く、瓦がズレ落ちないように止めている部分です。

 

 

簡単には瓦や石材の接着、目地の充填等に使われる建材のことを言います。

 

 

そして別の使い方として壁の上塗りに使うこともできます。

 

 

また先日、創立100年を迎えた、世界のカンペ(関西ペイント)がシックイを使用した空気清浄塗料のアレスシックイが世界に向けて発表されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが世界のカンペと言いますか、塗料の発表会と思えないぐらい、演出が格好いいですね😍

 

さて本題に戻りますが、瓦屋根に使われている漆喰ですが、ヒビが入ったいたり崩れていたり隙間から土が落ちきていたりしませんか?

 

そんな状態でしたらご注意ください!!

 

 

 


 

これは漆喰が崩れて剥がれてしまっています。

 

こちらのお家では雨漏りが発生していました。

 

ヒビや剥がれている状態ですと漆喰の隙間や固定力が落ちて瓦がズレたりして雨漏りの危険性や最悪瓦がズレ落ちてくることもあります。

 

快適に安心して住める家が一番です!!

 

漆喰の状態が気になる方やその他、家の事で何か気になる場合は是非、横浜外壁塗装スタジオにご相談ください!

 

調査もお見積作成も無料ですのでどうぞお気軽にお声かけください!

詳しくはこちら

外壁の各所にヤネホソバが大量発生!|藤沢市

こんにちわ!

 

横浜外壁塗装スタジオの山口です。

 

 

久しぶりの更新になってしまいました。

 

本日は藤沢市にお住いの奥様から「お家の至る所に毛虫がいる」とご連絡があり、たまたま近くにいた事もあり、急遽現地にお伺いしました。

 

到着し、毛虫のいるところに案内されて見ると、ヤネホソバという蛾の幼虫でした。

 

この毛虫は主に屋根や壁などに発生したコケを主食としていて、背中に毒棘を持っています。

 

ヤネホソバの発生

 

そのエサとなっているコケの発生原因はズバリ湿気です。

 

海や川に近い等の立地による原因もありますが、そうでないなら外壁や屋根の劣化による防水性低下が原因が考られます。

 

防水性が低下すると壁の含水率が高まってしまいコケ発生の原因となります。

また、屋根にも登り調査しましたが、一匹もいませんでした。

 

屋根の調査

 

横浜外壁塗装スタジオでは、高圧洗浄機を使いコケを徹底的に落としてから塗装しております。

コケが発生してしまっていたら壁の機能が落ちてきているサインなので気になる方は是非一度、横浜外壁塗装スタジオにご相談ください。

詳しくはこちら

月別アーカイブ

  • Instagram
  • Facebook
  • 7つの約束
  • よくあるご質問
ページトップへ戻る