現場調査・点検ブログ

ウッドデッキの腐食を防ぐためには塗装が必要です。

ウッドデッキは外観に温かみを与え、どこか落ち着いた印象を持ちます。

最近、ウッドデッキに使用される木材は、耐候性や防蟻性、耐菌性、耐腐朽性などに優れた天然木が主に用いられるようになりました。

需要が増えてきたせいか、以前に比べて種類も豊富になってきました。

そんなウッドデッキもメンテナンスをしないと腐食してしまいます。

 

 

 

 

 

藤沢市のC様のお宅のウッドデッキは、1階部分と2階部分にそれぞれ分かれてあるタイプでした。

以前まではご主人様がDIYで塗装をされていたそうです。

2階部分はしっかりと鉄骨で支えられており、頑丈に造られています。

ウッドデッキに使用される最近の木材は耐候性や防蟻性、耐菌性、耐腐朽性が向上していますが、長持ちさせるためにはやっぱり塗装のメンテナンスが必要です。

定期的にメンテナンスをしなければ、腐食や変色を防ぐことは出来ません。

 

 

 

ウッドデッキは腐食を防ぐために塗装が必要です。年間降水量や湿気など建物周囲の環境にもよりますが、ウッドデッキのメンテナンスは1年に1回がベストと言われております。塗料としましては、セトールHLSeなどの、塗料が木材に浸透するタイプが望ましいです。

窓廻りや木扉などのウッドデッキ以外の木部にも効果を発揮します。せっかくの木部ですから、綺麗で温かみのある状態を出来るだけ保たせたいですね。

藤沢市のC様のお宅のウッドデッキも、塗装することでこれから先の腐食や変色を防ぐことが出来ます。

横浜外壁塗装スタジオでは、これまでにもウッドデッキや玄関扉などの塗装の施工実績はたっぷりあります。

ウッドデッキ塗装は横浜外壁塗装スタジオにお任せ下さい。

もちろんウッドデッキ以外の塗装も対応しております。

フリーダイヤル0120-609-605まで。

月別アーカイブ

  • Instagram
  • Facebook
  • 7つの約束
  • よくあるご質問
ページトップへ戻る