現場調査・点検ブログ

藤沢市築12年のジョリパットの現地調査に伺いました。

藤沢市にあるお宅で現地調査を行いました。

築12年のお宅です。外壁はモルタル壁でジョリパットでメインがロックと言うパターン、アクセントにセミリップルと言うパターンで仕上がっております。

       

まず目に止まるのが外壁の汚れです。北側に関しては、陽が当たりづらいため汚れの付着や苔の繁殖が目立つものです。

通常の高圧洗浄を行えば塗装することが可能ですが、こちらのお宅に関しましては、念のため塗装前の薬品を使ったバイオ洗浄をおすすめしたいと思います。

       

こちらのお宅のジョリパットは2つのパターンを使い分けられている為、パターンごとに色を変え、アクセントを活かすことをおすすめします。

       

外壁や屋根を塗装する際は、それ以外にも塗ることでメンテナンス出来るところは同時の行うことが多いです。外壁や屋根が綺麗になると、このような雨樋の汚れなども余計に目立ちやすくなります。メンテナンスの意味も含めて同じタイミングで塗装することをおすすめします。

       

現地調査のご依頼ですと、塗れるか塗れないかというところに焦点がいきますが、雨樋などが歪んでいたり部材が無くなっていたりするときは、塗装だけのご提案ではなく交換などのご提案をさせて頂いております。現状で塗ることはもちろん可能ですが、正しく機能していないものにコストをかけるほど非効率なことはありません。外壁塗装の調査のご依頼ではありますが、このような時には塗装以外のご提案をさせて頂きます。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-609-605までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

月別アーカイブ

  • Instagram
  • Facebook
  • 7つの約束
  • よくあるご質問
ページトップへ戻る