塗装ブログ

トタン屋根のカバー工法

皆さまこんにちは。

HAMA塗装の徳永です。

 

2021年2月にお引き渡しさせていただいた物件のビフォーアフターの写真をアップします。

 

今回は特殊な工事で外壁を一部解体を行い、トタン屋根の上にガルバニウム鋼板を乗せるカバー工法の紹介です。

 

屋根カバー工法とは既存の屋根の上にガルバニウム鋼板とゆう軽い金属屋根を被せる工法となります。

 

ガルバニウム鋼板もたくさんの商材がありますが、その中でも最も保証年数が高く、耐久性に優れたディーズルーフィングのエコグラーニとゆう商材でのカバー工法になります。

 

ただし、今回の工事に関しては、屋根よりも外壁の立ち上がりが突出しており、下地は木のパレットで構成されており、外壁がグラグラ動いてしまうような状態でした。

 

当然この部分は何も支えが無い為、台風などの強風で倒れてしまう可能性があった為、屋根より突出している部分の外壁を解体処分し、既存屋根と同じ高さに合わせて、上からカバー工法を行いました。「

 

こちらが施工前の写真

 

 

こちらが施工後の写真

 

 

 

弊社は6000棟以上の施工実績がある地域密着の塗装、屋根、防水工事の専門店です。

 

大切なお家をどうゆう風に直していくべきなのか?

 

どのような工法があるのか?

 

お客様のニーズは様々です。

 

お客様に合った提案、またお客様がご存知ない様々な工法などしっかりとご提案させていただきます。

 

お気軽にお問い合わせください!

月別アーカイブ

  • Instagram
  • Facebook
  • 7つの約束
  • よくあるご質問
ページトップへ戻る