塗装ブログ

天窓撤去+屋根カバー工法

皆さまこんにちは!

HAMA塗装の徳永です。

 

今回ご紹介するのは4月にお引き渡しした物件です。

屋根に天窓が付いている方も多いのではないでしょうか?

 

天窓(明かり取り)は太陽光も差し込みますし、気持ちのいいものですよね。

 

しかし、天窓が付いているお家に住われている方の中でも多い問題があります。

 

それは雨漏れです。

 

天窓のサッシの歪みや、ヒビ割れ、天窓周辺の板金部分の歪みや、隙間、取り付けているビスの浮きなどから雨漏れしてしまうケースも少なくありません。

 

同じようにお悩みになっている方も多いのではないでしょうか?

 

今回ご紹介するケースも雨漏れを引き起こしてしまっているケースなのです。

築年数30年、スレートの屋根自体の寿命も近づき、どうしたものかとお困りのお客様で、今回私がご提案した内容は、ガルバニウム鋼板の屋根材で、天窓ごと被せてカバー工法を行うとゆうご提案をさせていただきました。

 

修繕方法はいくつかあるものの、屋根自体もカバー工法が必要な年数である事、天窓からの雨漏れが見受けられましたので、天窓は撤去し、野地板を再度貼り直し、カバー工法を行い、雨漏れを止める事が出来ました。

 

お家の雨漏れは早急に処理を行わないと躯体の腐食等につながり二次災害、三次災害と繋がります。

 

しっかりとご安心できる様な工法でご提案させていただきます。

 

同じようにお困りの方、築30年を超えたスレート屋根の方、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

月別アーカイブ

  • Instagram
  • Facebook
  • 7つの約束
  • よくあるご質問
ページトップへ戻る