塗装ブログ

ご自宅のこと理解してますか?

 

こんにちは!
営業の西村です。

 

 

世間は相変わらず自粛ムード。
ご自宅で過ごす時間が増えた方も多いと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

私はというと来たる退去予定日に追われながら新居へのお引っ越しの準備に追われております😥

 

出来る限りは自粛する様に心掛けてはいますが、振り返ってみると普段から自粛気味の休日を過ごしていたので、事態が収束したらもう少しアクティブになろうと自分を見つめ直す事ができました!

 

 

 

さて、今度お引越しする新居についてですが築11年目のモルタル外壁のお家になります。

見た目はやはり綺麗なのですが、日当たりの悪いところにはコケが…
プライベートに関わるのでお見せする事はできませんが、壁も触ってみると白い粉が指に付着します。(チョーキング現象)

 

……間違いなく塗り替え時期ですね。

 

 

正直、築10年前後のお家は普通に歩きながら眺めてる分には全然綺麗に見えます。

しかし、よく見ると日陰にコケが生えていたり、コーキングにヒビが入り始めたり、触ってみると粉がついたり…
蓄積ダメージという物は最初は鳴りを潜めてますが、必ず積み重なります。

 

 

この期間、自粛により時間にゆとりのある方は1度お家を1周回って今のご自宅の状況を確認してみてはいかがでしょうか?

 

その後、なにか気になる点があればお気軽に弊社にご相談して頂けたらと思います。
もちろん調査、お見積もりは無料とさせて頂いております!

 

最後に最近完工したお宅のビフォーアフターをご紹介したいと思います。

 

藤沢市 M様邸
湘南らしい爽やかな色合いで仕上げる事ができました!

 

ビフォー

 

 

 

 

アフター

 

 

外壁: 関西ペイント ダイナミックTOP 1階色 KP-336 2階色 KP-110
屋根 アレスクール2液si 色 サンタンオレンジ

 

を使用しました。

 

 

ご自宅の劣化が気になる方は、お気軽にご連絡ください。

診断・見積もり 無料で行います!

 

 

 

 

 

詳しくはこちら

ご自宅に合った塗装

皆さまこんにちは。

 

HAMA塗装の打田です。

 

 

12月にお引き渡しさせていただいたお家のビフォーアフターの写真をアップします。

 

 

施工前

 

 

 

 

施工後

 

 

今回の塗装が新築時から2回目の塗装工事のご依頼をうけました。

前回の塗装が天然石吹き付け塗装を行っており、

通常の3行程では付着力が低いために今回は4工程にて仕上げました。

 

 

 

外壁は1度目はエコカチオンシーラーで付着力を高め、ダイナミックフィラーと呼ばれる弾性系の塗料で2度目の下塗りを施してからダイナミックTOPで中、上塗りと仕上げました。

 

 

 

また屋根に関しましても、3F建の建物で、立地場所も高台にあるため、遮熱の塗料アレスクール2液SIを3工程にて仕上げました。

 

 

 

全体的に外壁の部分は白系が多く、オレンジ色の屋根がアクセントになり、お客様にも大変満足していただきました。

 

 

 

こういった特殊な外壁塗装を施した方でも工程数を増やししっかりとした工事を行なっています。

 

 

私の家はどうなんだろう?
と少しでも疑問などありましたらいつでもご相談くださいませ。

詳しくはこちら

コーキングの施工

明けましておめでとうございます!

 

HAMA塗装の中井です。

 

 

今年一発目はALCの外壁のコーキング施工写真をアップしたいと思います!



既存と密着させる為に重要になってくるプライマーをしっかりと塗布していきます。

 

 

 


空気が入らないように慎重にコーキング材を打込みします。

 

 

 

 



専用のヘラで平らになるように綺麗に押さえていきます。

 

 

 



各所の養生を剥がしてコーキング作業は完了になります!

 

 

どんなに良い塗料で塗装しても、外壁のコーキングを確実に施工しないと意味がありません!

 

 

外壁を塗装する前の1番重要な作業になりますね!

 

 

外壁の目地が割れると漏水する可能性もあります。

 

 

お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

サイディングはコーキングが重要

 

皆さんこんにちは

HAMA塗装の前多です。

 

 

今回はコーキングについてお話ししたいと思います。

 

 

サイディングの外壁塗装でランクの高いフッ素を選べば大丈夫と、お考えの方が多いいとおもうのですが、

実は1番大事なのはコーキングなのです。

 

 

20年以上耐久性がある塗料を選んでも、10年程度の耐久性しかないコーキングを使ってもせっかく綺麗になった外壁なのに目地が劣化、剥離したら全く意味がないです。

 

コーキング自体、サイディング目地の防水だと思って欲しいです

それが剥離や劣化すると漏水などになりえます。

 

 

なので選んだ塗料の耐久性にちなんだ、コーキングを選ばなくてはいけないんです。

 

 

弊社は、オート科学工業の認定施工店です。

 

 

もちろん施工する職人さんは、オート科学工業の教育を受けた、者が施工致します。

 

 

 

【コーキングの手順】

 

 

1,旧コーキングの撤去
カッターで古いコーキングを剥がします。

 

 

 

 

2,プライマー
これをしないと、せっかくのコーキングもボードから剥離します。

 

 

 

 

3,ボンドブレーカー(ぜつえんテープ)
コーキング材の3面接着を回避する目的で目地底に貼り付ける材料です。

(建物自体動いておりますので、躯体とサイディングボードがくっつくてしまうと建物が動きコーキングが割れてしまいます)

 

 

 

 

4,コーキング材注入
コーキングを奥深くまで注入していきます。

 

 

 

 

5,ならし作業
目地に隙間なく、ヘラで圧力を加えながら、ならしていきます。

 

 

 

 

6,完成
打ち替えと言ってもこれだけの工程があります。
以外に手間はかかるし、地味な作業ですが、こうした地味な作業が、建物を長持ちさせます。

 

 

 

何か気になることがあれば些細な事でも大丈夫です。
お問い合わせお待ちしてます。

詳しくはこちら

月別アーカイブ

  • Instagram
  • Facebook
  • 7つの約束
  • よくあるご質問
ページトップへ戻る